退職祝いのプレゼント > 内祝いとお返し

内祝いの意味

内祝いとお返しは違います

内祝い・お礼

内祝いは身内でするお祝いのことで、喜び事を周囲の人々と分かち合うことが目的です。内祝いとはお祝いをいただく、いただかないにかかわらず、親しい人と共に喜びを分かち合っていただこうとするもので、宴席に招いたり、お赤飯を配ったりといったことが行われてきました。

しかし、現在ではお祝いをいただいた方に対してのお返しの意味での内祝いが一般的になっています。 お返しの品に「内祝い」と表書きすることから、このふたつは同じ意味と思われがちですが、 本来は別のものです。しかし最近では、このようなこともお祝いの催促と受け取られかねないので、内祝いを配る場合は誤解を招かないように、贈る相手に気をつけましょう。


お祝いを頂く側のマナー

お祝いを頂いたら、まずはたしかに受け取りましたという意味も含めて、3日以内にお礼の電話などをするのがマナーです。また、特に改まった場合や目上の方へはお礼状を出します。

お祝いは必ずお返ししなくてはいけないの?

お返しをするのが通例となっているのは「快気祝い」(病気見舞いのお礼)と「香典返し」のみです。あとは、お付き合いの程度や内容により異なります。しかし、お礼の言葉は必ず、電話や手紙で入れておきましょう。そして、頂いた方に今度、おめでたいことなどがあった時に忘れずにお祝いを贈ることです。

お返しの目安は?

一般的には「半返し」といって、頂いた金額の半分ぐらいをお返します。実際には半分から3分の1ぐらいが多いです。また、頂いた日から10日から1ヶ月以内に贈るようにします。

喜ばれる内祝い、カタログギフト

内祝いは、地域やお祝いの内容によっては砂糖などの定番を贈る風習がある場合もあります。しかし最近では内祝いには、実用品を贈ることが多いです。頂いた方うれしい実用品というと、石鹸やタオルのセット、お菓子やコーヒーセットなどがあります。最近は、頂いた方が自分で好きなものを選べるカタログギフトも人気です。

挨拶状

定形の挨拶状を無料にてカタログギフトにおつけできます。

お礼・内祝いの挨拶状

この度は誠に結構なお心づかいをいただきまして、本当にありがとうございました。 ささやかではございますが、お礼のしるしに心を込めてお選びいたしましたので、 この品々より、お好みのひと品を選んでいただければ幸いです。 今後とも、よろしくお願い申し上げます。


お礼(感謝)の挨拶状

日頃の感謝の気持ちをささやかではございますが、心を込めてお選びいたしましたので、 この品々より、お好みのひと品を選んでいただければ幸いです。 お体には、くれぐれもお気をつけてますますご活躍ください。


お礼(ビジネス)の挨拶状

時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配にあずかり、心より感謝いたします。 つきましては、ささやかではございますが、心を込めてお選びいたしました ので、この品々よりお好みのひと品を、どうぞお納め下さい。


内祝いとお返しカタログギフト 人気のコース

カタログ別で選ぶ

エターナルフレンズ

結婚祝い、内祝いのプレゼントに!
国産品にこだわりたいあなたに最適!!



価格帯で選ぶ

お手軽コース

お中元、お歳暮、快気祝いなど
ちょっとしたお祝いお返しに。

幅広コース

各種お祝い、お返しに
迷ったらここをチェック!

ねぎらいコース

退職祝い、還暦祝いのプレゼントに
お世話になった方へより上質なものを贈りたい方に最適!


ページの先頭へ戻る
ご利用ガイド